イーゴン自治区

「芸術とお金」好きリスト001

2008/08/30
私は、芸術とお金が好きです。

みんながその価値を認める事で成り立っているけれど、
それ自体には物理的に何の価値もない。
そんなところが非常に好きです。
そんなものが、人の心を動かし、狂わせるのですよ。

例えば、アカメク族の集落に赴き、お金や芸術品を差し出しても、
何の事やらさっぱり伝わらない、そんなアイロニーも好きです。

ロレックスは役に立つ。時計だからね。
曜変天目茶碗も役に立つ。茶碗だからね

けど100万円の紙幣の束や、ゴッホのひまわりは、
焚き火の燃料くらいにはなるが、本質的に役に立たない。

そんな無用の長物に、価値を見ている社会が、
とても好きです。

時価50億円は下らないゴッホのひまわりを
アカメク族は、ロバ何頭と交換してくれるだろう?
たぶん、鶏、2羽。
「・・よく描けている、アジアの旅人よ。記念にもらおう。」
と、いった感じだろうか。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。