リップシンクはむずかしい。日本語の口と英語の口の形は違うし。

2022/02/10
自分で描いたキャラクターを、アニメーションでしゃべらそうとした場合、どんな発音の時にどんな口の形をしているのかが、やはり気になった。

adobeのアニメーション作成のソフトで色々試みたが、英語を発音した際の唇の動きを可視化することを前提に作られていて、どうにも日本語の口の形にフィットしない。

ということなので、色々調べてやってみた。

顔パターン

日本語の口の形は基本的に「あ・い・う・え・お」と「ん」だ。

「んあ・んい・んう・んえ・んお」という組み合わせで、「まみむめも」と「ばびぶべぼ」と「ぱぴぷぺぽ」が表現できることが分かった。

こういうのを知ると、英語の「L」とか「R」とか「M」とかの発音の際には、日本語の時とは全く違う口の使い方をしているのがよくわかった。

とりあえず、それらしく喋っているようにキャラクターを動かすことができたので、
その動画をどうぞ。声はまだ入っていないけど。
そうか、声か。俺声優にもならないといけないのか。まあそれはまた明日。