背景で結構雰囲気変わる。バカにしちゃいけませんね、背景。

2022/02/24
首ロール

アニメーションの登場人物のプロトタイプを作って、ぐるぐる回転させてみたり、口をパクパクさせてみたり、歩かせたり走らせたりして、「よし、動くぞ」というところまで作ってきた。

描画の技術については、そこまでリアリティを追求しようとは思わないので、こんなもんでいい。
着ている服や小物類については、まだまだ努力が必要だ。



wada装い


さて、登場する人物、すなわち「キャスト」を動かせるという風になったところで、「背景」をどうするか、試行錯誤している。作品のテーマやストーリーに相応しい背景になればいいわけだが、これも、リアリティについては関心が無い。


背景問題。
背景を描く時に、どんな風に書けばいいのかわからない。
わからないときは、いろいろと他人の背景を重ねてみればイメージがつかめるだろう。
ということで、こうだ。


キャプチャ1
キャプチャ2
キャプチャ3
キャプチャ4

はい、これらの画像は、漫画家の山本直樹先生の背景です。WEB上に公開されててフリーで使えるっぽいので、ちょっと拝借しました。


こういう感じの背景であれば、それなりに見えますよね。
あらためて、日本の漫画家ってすごいなと思います。一気に雰囲気が出ますね。
バカにしちゃいけませんね、背景って。

こういう背景画を使えば、リアリティのある空気感が出せるという事で、わかりました。


じゃあこういうのはどうだ。


キャプチャ7
キャプチャ9
キャプチャ8

みんな大好き、アーキグラムです。
勝手にコピーしてきてしまいました。すみません。

なにやらアートっぽくなりますね。


背景の図像を変えるだけで、結構ガラッと印象が変わる。
実写の映画やドラマも、やはりセットやとロケ地で画面の絵面が大きく変わるんだろうな。

引き続き、色々ためしてみたい。

つづく。