シャイニングスター

2022/09/14
何歳になっても、その日に新しく知る事がある。毎日がフレッシュだ。
世界は知らないことで満ちている、というわけだ。

モーニングスター。

今朝知った事はこれだ。モーニングスター。
「朝の星」という名の、さわやかでロマンティックな響きだ。
しかし、実態はこれだ。

MMMMMkAAN4Uo.jpg


見たことある。
映画「キル・ビル」で栗山千明が振り回していたやつだ。

モーニングスター。
実態と名称のイメージのギャップが凄まじい。

このような情報を得たとて、今後の人生でこいつを振り回すようなことはおそらくない。
とはいえ、「いざ」という時、「もはやこれまでか」さらには「ええい、ままよ」となってしまう局面に追い込まれた場合、きっと私はこの武器を選び、血の雨を降らすことだろう。

さて、円安である。物価高である。
昨日、私の年の離れた妹が生んだばかりの赤ちゃんを連れて実家に帰郷していたので会いに行った。
私の家は、実家から車で1時間程なので割と気軽に行ける。
手土産に、なにか万人受けするフルーツかなにかを購入しようと、道中のロードサイドのスーパーやら道の駅やらで物色をしていたところ、「シャインマスカット」が目に入った。何か人気だと聞いている。丁度いい機会だから買っていこうか。


シャインマスカット、1房1980円。


高い。こんなもんなのか?たかが葡萄で。

人の価値観はそれぞれだ。私は葡萄に関心が無いし好きでも嫌いでもない。しかし2千円だ。それ相応の値打ちがあるのだろう。

結局、今回は桃を4個買っていった。4個で2千円。
桃が嫌いな人はいないだろう。という事で。


で、今朝「シャインマスカット」という言葉をど忘れして、なんだっけあの高い葡萄、シャイニングスター?、モーニングスター?、みたいに検索したら出会ったのだ。あの武器に。

こういう事が、少しづつ、毎日ある。

Comments 0

コメント、まだ無し。




投稿フォーム