イーゴン自治区

愛について

2008/12/02
「無償の愛」という言葉があるが、語法的には間違っているような気がする。
「無償の行為」が、すなわち「愛」であると思うからだ。
「無償の愛」というのをアリとするならば、「無償ではない愛」というのも、「愛」のバリエーションのひとつとして認めることになるからだ。

でももし、「それもまた愛なのさ」ってことになると、いよいよ「お金で買えない価値がある」というのは嘘ってことになる。

お金で買えない価値などない。

どうなんだ、マスターカード。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。