イーゴン自治区

夜明けの三行記事

2007/03/16
森繁久弥さんの最後の夜の営みは、七九歳の秋だそうです。
不死鳥。っていうか、ほとんど「火の鳥」。モリシゲの生き血が狙われる日も近い。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。