イーゴン自治区

俺の、ノルウェーの森

2009/05/23
ひとつ、告白ですが、
村上春樹の小説やエッセイはたくさん読んで来て、
数少ない映画化された作品も観ました。

私は、村上春樹のファンです。

でも、「ノルウェーの森」は、読んでいません。
世界中で翻訳され、超ベストセラー。
「100%の恋愛小説」。

でも、「ノルウェーの森」は、読んでいません。

なので、この度の映画化のキャスティングの発表に関して、
まぁ、知らないんでね、どうとも思わないんですがね。
どんな内容かも知らないしね。

私が「ノルウェーの森」に対するイメージは、
やっぱビートルズの同名の楽曲のイメージです。


「ノルウェーの森」(NORWEGIAN WOOD)

 誘われて女の子の部屋に上がり込んだ僕は,
 床にすわりこんでワインを飲み,おしゃべりをした。
 午前2時になり,彼女がベッドの時間だと言うので,
 僕は風呂場で一夜を明かした。
 翌朝,目覚めると,
 仕事があると言っていた女の子は姿を消していた。




簡単に言うと、こういった歌詞の内容なんですが、
イギリス流のジョークや言葉遊び、メタファーが多く含まれているようです。

この曲のサブタイトルは、“THIS BIRD HAS FLOWN”。
つまり、「鳥は飛び去った。」
目が覚めた時にいなくなっていた彼女を表現しています。
もしくは、彼女は死んでしまった、という事とも解釈できます。

それと、曲名の“NORWEGIAN WOOD”(ノルウェー産の木材)
【ノルウェージアンウッド】と発音しますが、これ自体、駄洒落みたいなもので、

“KNOWING SHE WOULD”=【ノウイングシーウッドゥ】

「彼女がしたいと思っているのは、わかってる。」
という意味ともとれる。

あと、「ノルウェー産の木材」ってのは、安い松の木材で、
イギリスの労働階級の家にあるような安物の家具の材料。

つまり、この場合は、
決して裕福とはいえない女の子の安アパートという事かな。


誘われて上がりこんだ女の子の安アパートで、
お互いにヤれる事がわかっていたのに、
翌朝、彼女はいなくなってしまった。

という、ああ、共感できるわ、
学生の時とか、こういう事あったな、みたいな曲です。

こういう歌詞を歌いながらも、曲の印象は
幻想的で異国情緒のある、不思議な印象がありますね。
まあ、ビートルズの時代で考えると、
たぶんヒッピー的な若者の歌だと考えれば納得。

でも、凄いな!と思うのが、この曲に邦題をつけた人のセンスです。

「ノルウェーの森」って!
「森」ってとこが、とてもいいです。

どこにでもある、ありふれた若い男女の出会いと、戸惑いと、喪失。
なんとなくやりきれないぜ、といった感じ。
これらを「森」という言葉が持っている、霧がかかったような、
深淵で幻想的なイメージで包んでしまっている。

ノルウェーってのも大事。
なんか、肌寒くて霧がかかった感じかいい。

「アフリカの森」でも、「飛騨高山の森」でもない、
「ノルウェーの森」が、やはりふさわしいです。


私の中で、村上春樹の「ノルウェーの森」のイメージは、このビートルズの曲のイメージです。
日本のどこにでもいる若者の、こういう話だとおもう。

全然違ったりしてね。書かれたのはバブル期だから、もっとトレンディなのかしら。
W浅野みたいな感じだったら、なんか嫌だ。


私は、このビートルズの「ノルウェーの森」をベースに、村上春樹が書いたらどうなるかって、勝手に想像した「俺番のノルウェーの森」がすでに頭にあり、結構気に入っているんですよ。

だからこの先、春樹の小説も読まないし、
今回の映画も観ませんよー。






コメントをどうぞ。 現在3件

あなたが最初のコメントを書くのです。

イーゴン

>tasoちゃん

読まないぜ!

>まーちゃん

誉められた!
やったぜ!

2009/05/24 (Sun) 23:36

まー

ほぼ想像どおりです。相変わらず鋭いぜ。素敵!

2009/05/23 (Sat) 14:58

taso

こんにちは。
自他共に認める村上春樹ファンのtasoです。

数ある春樹作品の中でも、ノルウェ「イ」の森はちょっと別格です。
(自分の中では!)
東京に住んでいるなら、読むのが良いと思う。

2009/05/23 (Sat) 14:50