イーゴン自治区

イミテーション沖縄

2007/04/20
京王線代田橋駅を降り、甲州街道に出る。
付近に和泉一丁目というのがあり、そこらへんに細々とした商店街がある。
商店街の入り口の頭上を見上げると
「沖縄」
と、派手に飾られている。
中に入り込んでみるも、八割方の店屋はシャッターを下ろしており、極めて閑散とした雰囲気であった。
餌付けをされた白い猫が適当な路地、エアコンの室外器の上で、適当な餌を噛んでいる。
奥へ進むと袋小路と思いきや、何故か沖縄の土産物屋が。
「めんそーれー。見てってねー。」
メガネのおばさんの、慣れないめんそーれ。
酒屋、ラーメン屋、飲み屋。
長年営んで来た歴史を感じる汚れた看板や暖簾。
そこに、ついおととい張り付けたような、シーサーのステッカー。
ソーキそば。
泡盛。
ハブ。

そんなキーワードが、なんだか押しつけられたように、あちらこちらに散りばめられた路地裏。

果たして一体、この商店街に何があったのか。
なんだか知らないが、エキゾチックって、こういう感覚かもしれないな、と思った。

京王線をご利用の方は、是非足を運んでみて下さい。代田橋駅で下車。徒歩5分で沖縄です。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。