イーゴン自治区

ピューぴるちゃん⇒PYUUPIRU

2009/08/08
私がピュ―ぴるちゃんの存在を知り、その作品に魅了されたのは、
丁度高校生くらいの頃でした。
その頃の彼女(彼?)の印象は、フェティッシュでエキセントリックなドラァグ・クイーンといったところでした。
コスチュームをつくり、自分で身にまとい、不可思議なキャラクターに扮してのパフォーマンスでした。「たけしの誰でもピカソ」みたいな番組にもたまに出ていて、”キワモノ”のような扱いを受けていたような感じがありました。

私はピュ―ぴるちゃんの世界観や造形がとっても好きで、いわば、なんだか「いけない恋」にでも落ちてしまったような、そんな倒錯した感情が芽生えたのを覚えています。

▼その頃の作品のほんの一部。





あれから何年かたち、彼女(彼?)は世界で認められるアーティスト。
感慨深い。

▼詳しくは書きませんが、ともかく観てみてください。
 最新作「selfportrait」(※会社で観ると、ちょっとアレです。)
 映像作品「I HAVE A DREAM “SELF PORTRAIT・SNOW WHITE”」








目が離せません。ファンです。
ブログ⇒http://pyuupiru.seesaa.net/
サイト⇒http://www.pyuupiru.com/


■ピュ~ぴる PROFILE
1974年、東京生まれ。高校時代に自宅のミシンで独学によるコスチューム製作を開始。主にクラブに行くための奇抜なコスチュームをつくっていたが、1997 年からは創作として注力するようになる。2005 年横浜トリエンナーレで発表した「愛の生まれ変わり」で、新鋭のアーティストとして脚光を浴びる。2007年台北現代美術館「Fashion Accidentally」に参加。セクシャリティーを超えた類稀なる存在として、近年国内外で高い評価を受けている。自らの強い妄想や強迫観念などの感情を創作のモチベーションとして取り込むことで、人間の内面と身体の表象の結合を試みる独自の芸術世界を展開。

コメントをどうぞ。 現在2件

あなたが最初のコメントを書くのです。

イーゴン

私もCD屋で、このタコのジャケットが気になってました。
こいつはまさか、と思ったら、やっぱりピュ―ぴるちゃんでした。
美しさって、何だろうなぁ。

2009/08/09 (Sun) 23:00

きゃめ

最後の写真を「チョモランマトマト」のアルバムジャケットで見かけてから気になってます。

スカイブルーも蛸もピンクのくちびるも単品で見ると嫌いじゃないのに合わさると何となくぞわっと引っかかるのです。

2009/08/09 (Sun) 17:38