イーゴン自治区

タランティーノ新作「イングロリアス・バスターズ」

2009/09/02


この秋の期待作は何といってもQ.タランティーノの新作ですね。
「イングロリアス・バスターズ」というタイトルです。

映画の舞台となるのは、第2次世界大戦中のナチスドイツ占領下フランス。
ブラッド・ピット演じるレイン中尉以下8人のユダヤ系アメリカ人兵士たちが
ナチス駆逐をもくろみ活躍するというお話。

ちなみに、この作品は、イタリアの名匠・エンツォ・G・カステラッリ監督の
『地獄のバスターズ』のリメイクです。こちら↓


クレジットは以下のとおりです。

「イングロリアス・バスターズ/Inglorious Basterds」
監督・脚本: クエンティン・タランティーノ
出演: ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ヴァルツ/
    ダニエル・ブリュール/イーライ・ロス/ダイアン・クルーガー/
    ジュリー・ドレフュス/ロッド・テイラー/マイク・マイヤーズ/
    クロリス・リーチマン/サミュエル・L・ジャクソン(ナレーター) ほか

キル・ビルに続いて、ジュリー・ドレフュスが出ているようですね。
あと、マイク・マイヤーズがどんな役回りなんでしょうか、気になります。

タランティーノっことしては、こいつは見なくてはいけません。

ちなみに、タランティーノが選ぶ、自分がデビューした1992年以降の
お気に入り映画20本が、どっかのサイトに出てました。

 ・「バトル・ロワイアル」
 ・「僕のニューヨークライフ」
 ・「オーディション」
 ・「ブレード/刀」
 ・「ブギーナイツ」
 ・「バッド・チューニング」
 ・「ドッグヴィル」
 ・「ファイト・クラブ」
 ・「friday」
 ・「グエムル -漢江の怪物-」
 ・「インサイダー」
 ・「JSA」
 ・「ロスト・イン・トランスレーション」
 ・「マトリックス」
 ・「殺人の追憶」
 ・「ポリス・ストーリー3」
 ・「ショーン・オブ・ザ・デッド」
 ・「スピード」
 ・「チーム★アメリカ/ワールドポリス」
 ・「アンブレイカブル」

ですって!

さらにこの中で私が選ぶベストはこうだ!
 1位「ブギーナイツ」最高!もう最高!




ついでに、私ならここにコーエン兄弟の「オー・ブラザー」を入れる。
「オー・ブラザー」が2位かな。

ずぶ濡れボーイズが最高です。


まあそんな感じで、「イングロリアス・バスターズ」。
公開が待ち遠しいですね。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。