イーゴン自治区

なんだか夢を見てるみたいだ。

2006/05/06

マザー牧場は、とても広くて、牛さんや、馬さんや、羊さんが
たくさんいました。あと豚さんもいました。
よく晴れた連休だったので、たくさんの親子や、恋人や、それ以外のひとが
どこかの国の難民キャンプのような感じで、ひしめき合っていました。
僕らはお腹が空いたりして、何か食べものを売ってるところに行くと、
モクモクと煙をあげて、ひどくたくさんのウインナーが焼かれている売店が
ありました。バナナほどの大きさの、骨つきのウインナーが焼かれていました。
やはりそこにも、難民たちはゾロゾロと長い列をなして、
はしゃぐわけでも無く、怒るでも無く、煙の中に迷い込んで行くのでした。
タタミ半畳ほどの金網の上には3、40本ほどの骨つきのウインナーが
「原」という名札をつけた男と、「矢木」という名札を付けた男に
手際良く転がされ、次々と、文字どうり飛ぶように売れて行くのです。
僕らもやはり例外無く、
「原」という名札をつけた男と「矢木」という名札を付けた男が焼いた
骨つきのウインナーを、ほおばるのでした。
そんな昼下がりのマザー牧場には、なぜだかデブがたくさんいました。
親子のデブ。恋人のデブ。それ以外のデブ。
僕らはそんな彼等に混じって、羊をさすったり、馬をさすったり、
豚をさすったり、したのです。

夕方になり、そろそろ帰ろうか、なんてムードの僕たちは、
また、来た道を引き返すように、出口にむかうと、
まだ、原」という名札をつけた男はウインナーを焼いていたし、
肥った難民たちの行列は、まだ煙の中に流れていました。
僕らは、彼等がハムになっちまわないか、と心配をしましたが、
まあ、いいか、というムードだったので、そのまま帰ったのでした。

コメントをどうぞ。 現在2件

あなたが最初のコメントを書くのです。

ハタノ

千葉、かな?

2006/05/07 (Sun) 08:22

maki

なんだか

日本の風景ではないような。
マザー牧場って何県ですか。

2006/05/07 (Sun) 01:34