イーゴン自治区

ナイーブではなく。の巻

2006/07/14
村松正浩監督の作品「シンク」「晴れた家」が上映される!
短編「橘くんのバカ」もウェブ上で観れる!

村松さんの映画が、最近好きになって来ましてね。
なんだか理由はわかりませんが、
なんかシャイな世界とでもいいましょうか。
「シャイ」ってなんでしょうね?
「恥ずかしがりや屋」っていう意味合いで普段は使いますよね。
でも「シャイ」って、例えばどんな人に対する形容なんでしょう?
立派な大人には、そぐわない気がします。
老成した深みのある人物ともちがいます。
なんか、人間の未熟な部分に対するヒロイックな形容。
シャイ。
私たちは毎日の生活の中で、時として必ず
自分の気持ちが誰かに伝わってしまうような事態があり、
そんな事態の繰り返しで、人との関わり方や距離感を
無意識な成長として受け入れてゆくわけです。
例えばそんな事態、シャイにならざるを得ない事態、
気持ちや距離感に対して自意識が緊張する事態に
私たちは、うつむいたり、ツッパったり、おどけたりします。

「あなた」と「私」の静かな戦争状態。
そんなシャイ戦争。

もはや戦後ではない。と村松監督は言うかもしれませんが、
地雷はおびただしく点在しいるのが今の世界です。
恐る恐るそれらをよけながら注意深く地雷原を歩いてる
シャイボーイ、シャイガール。
果たして彼等は、出会うか?


DVDも出てるから買ってもみれます。

コメントをどうぞ。 現在1件

あなたが最初のコメントを書くのです。

mrmt

入射角にたいして垂直にはじき返すというより、
若干後方に逸らすという体術がキモでしょうか
昔より前向きになりました
前向き角が鋭角になるにつれて照れ度はアップするのですが
開き直れるようにもなっています
あと「シャイ」って自らを形容する言葉ではないですね
まるで称号ですね
「女優」とかもそうですが

2006/07/16 (Sun) 03:29