イーゴン自治区

ヒメアノ-ル

2009/10/08


古谷実のファンなのですが、今やってるこの「ヒメアノ-ル」が面白い。
たぶん、「稲中」から今までの中で一番好きかもしれない。

快楽殺人者と、平凡な青年と、ひねくれた中年童貞、女たち。
それぞれの等身の人生観が、
交差したり、しなかったりする、スリリングで不穏な日常。

今のところ、怖い部分と、笑える部分が交差していないが、
これからどうなるかがドキドキです。

このまま、交差しないまま終わったとしても、それはそれで怖い。

狂気の毎日を過ごす者と、ささやかな喧騒に明け暮れる者、
彼等の日常が同時進行でありつづけるという現実は、
あたりまえのことなんだ、と、頭で理解できるほどに、恐ろしくなる。

例えば駅のホームで電車を待つ間、うしろに並んでいる人間の事を
私は知らない。
コンビニでとなりで立ち読みしている人間の事を
私は知らない。

となりのマンションで、今まさに、何が起こっているか、
私たちは知らないのだ。

あの国や、その国で、戦争が起こっていることは知っているが、
それって、どういう事なのだろうか。

普通の毎日のとなりで、恐ろしい日常が同時進行している世界に
私たちは息をしている。

4巻はとても面白かったです。

コメントをどうぞ。 現在3件

あなたが最初のコメントを書くのです。

mackie

面白いよね◎

2009/10/11 (Sun) 00:16

イーゴン

面白いよ。

2009/10/08 (Thu) 03:34

コンバット越前

気になってたんだよ。明日全巻買ってくるよ

2009/10/08 (Thu) 02:45