イーゴン自治区

秀吉の枷 [上]

2009/10/14


枷。

これ、「かせ」って読むんだね。ひでよしのかせ。

こういうのは、歴史小説というジャンルになるんでしょうか。
今日本屋で、こいつを買ったんですが、あわせて「鬼平犯科帳」も買った。

読書のシーズンかな、と、思いましてね。

今までの私は、なんだか格好つけた本ばかり読んでいた気がするので、
この秋は、こういう時代物のチョンマゲ小説ばかり読んでやろうと。

本気である。

「鬼平」は文庫で24巻くらいまであるし、
この「秀吉の枷」は上・中・下だ。

こいつ等の後には、幕末ものに取り掛かるつもりである。
「翔ぶが如く」と「竜馬がゆく」と「坂の上の雲」に、順に取り掛かる。

人生における教養の余白。私にとってそれは日本史だ。
戦国時代や江戸時代、とか。全然知らない。
考え方によっては、この余白はこれからの楽しみが残っているという事だ。
デザートであるのだ。

例えば、「エヴァンゲリオン」をまだ見たことの無い人が
まさに今日、Vol.1のDVDをビデオ屋で借りてきた!という、うらやましさか。

今日買った「秀吉の枷」、これねもう既に結構面白い。
まだ全然序盤なんだけど、面白い。
「枷」の意味が、ほほう、そういう葛藤ね、、という匂いが既にしている。

進捗は、随時ご連絡いたします。




ちなみに「鬼平」は、まだ一行も読んでない。ストーリーもキャラクターも、全然予備知識なし。
藤田まこと?みたいな。はぐれ刑事?みたいな。ちがうな、中村吉右衛門だったかな?
とか。そんな感じ。

そんな感じ。

コメントをどうぞ。 現在4件

あなたが最初のコメントを書くのです。

イーゴン

鬼平、面白いね。
風呂では読まないが。

2009/10/17 (Sat) 22:26

mackie

わしも最近風呂読書を覚えました◎ 良いもんですよ

2009/10/17 (Sat) 03:34

イーゴン

あんた、風呂で本読むのかい!

2009/10/15 (Thu) 01:58

コンバット越前

鬼平は良いよ。風呂で読むのに良い。

2009/10/15 (Thu) 01:56