イーゴン自治区

フランシス・ベーコン 2千万ドルから

2009/11/07


10月22日からパリでヨーロッパの最大の現代アート見本市のうちの1つである
「FIAC 2009」っていう国際的な現代アートフェアが今年も行われたようだが、
今年のFIACでは、興味深い企画展があった。
グランパレで開催された「モダンプロジェクト」という企画。
アクアヴェッラ、ガゴジアン、など世界屈指の「メジャー」なギャラリーが、
各自のスペース内に、歴史的重要性を持つ作品をそれぞれ3点だけ展示した。

ここに展示された作品で、フランシス・ベーコンの作品があった。(上の絵)
これは、基本的に売り物というわけではないが、持ち主のアクアヴェッラ・ギャラリーは2千万ドルからなら交渉に応じる可能性もあると答えたようだ。
また、フェルナン・レジェの「Le Grand Dejeuner」(写真下)は、2千万から2千5百万ユーロの価格で世界のどこかの美術館に売約済みだということだ。



なんとも、豪勢な企画。質も値段も華があっていいね!
アートはこうでなくっちゃ。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。