イーゴン自治区

ヌルヌルと失業

2010/04/05
あれは2004年の年末、退屈だったあの頃の私は
「ぶらり途中下車の旅」に出た。
何となく乗り込んだ電車が向かったのは、新潟県は「柏崎駅」。
特急電車にゆられ数時間、降り立った街は冬の気配。
凍てつく大地。曇天。さっそくレンタカー屋に行き、
車を借りる事にした。

赤い看板の「ニッポンレンタカー」。



「この辺で面白いとこない?」
と、レンタカーやのおばちゃんに訪ねると

「トルコ文化村ってとこがあるよ。」との答え。

「何が見れんの?」と、私。

「本場トルコ人のオイルレスリングとか。」と、おばちゃん。





こいつは見たい!カーナビに助手をまかせて、一路トルコ村へレンタカーを走らす。
期待に胸躍らせ数十分後、村の駐車場に着いたとこで携帯が鳴った。

さっきのおばちゃんからである。
「たった今、情報がはいりました。」と、なぜかエージェント風。

「どんな情報だね?」と、私もエージェント風に答える。

「トルコ村の経営状態が悪化してまして、…いま休館だそうです。」
あぁ、がっかりである。

「早く言ってよね、もう。」と悪態をつく私。
「たった今入った情報なもんでね。へへ。」とおばちゃん。あんたは何だ。

結局、オイルレスリングは見れずじまいだった。
私は帰りの電車で、失業したオイルレスラー達を思った。

遠いトルコからやって来て、
日本の雪国でヌルヌルと相撲をとってた男たちを
私は、想像した。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。