イーゴン自治区

普通の日記を書く。

2010/06/26
最近は暑くなって来た。いよいよ今年も夏が来たようだ。
道行く人も薄着だ。薄着はいい。
特に女の人の薄着は喜ばしいものだ。
この喜びの理由の説明はここでは割愛する。

ワールドカップだ。サッカーのだ。
私はずっとこれが苦手だったのだが、今年は見ている。
意外と面白いし、興奮すらする。
わざわざ夜中に起きて、見たりする。面白い。

心から日本のチームを応援しているわけではないが、
応援した方が感情移入できて面白い。

応援するという事を、私は今までにした事が無いかもしれない。
他人を応援する事を、した事が無い。

「応援してるよ。」といった事は、きっと何度もある。
「ガンバレ、負けんなよ」といった事も何度もあるとおもう。
たぶんそんな台詞も、自分が感情移入できて面白いからだろう。

だから私は、他人から応援される事を、屁ほども感じていない。
なんとも思わないのだ。ありがたいなぁ、とも思わない。
でも別に嫌だとも思わない。なんとも感じないだけだ。

何かを応援したくなる気持ちは、理解できる。
応援した方が、しないでいるよりも面白いからだ。

面白い事があった。
昨日、生まれて初めて、自動販売機であたりがでた。
桃ネクターを買ったら、デジタルのスロットの数字が揃った。
全ての缶ジュースのボタンがお金をいれた時と同じように光る。
あたった事の喜びよりも、早くもう一本選ばなきゃ!
早く選ばないと、このボタンの光がきえてしまうかも!
と、焦ってしまい、咄嗟に同じネクターのボタンを押そうとして、
いやいやバカか。同じものを2個選ぶのも頭が悪そうだ、
と、思い直して、何か違うものを!とまた焦って、
どうでもいい「ふるふる杏仁シェイク」を押してしまった。
ああ!なんか違う!と思ったが仕方が無い。振って、飲んだ。

焦って風俗で童貞を捨てようと思って、
ある種の勢いでババァとやっちまった、
そんな気分だった。

そんな気分で、時代の閉塞感について考えた。
若者につきまとう、この閉塞感とはいったい何だろう。
どこにも行けない、どこに行きたいかわからない。
でも、どこに行ったら良いかはわかる。
ところが、行きたくない。
そんなところだろう。

なりたい自分になる!とか
やりたい事をやれば良いのさ!とか
そういうことばっか言われたから、
その反動で、そうならない。
そうなれないやつは「失敗」と感じる。
閉塞感。

若者はいつだって、反動だ。

お前は家業を継げ!とか
長男だろ!しっかりしろとか
いい歳して、嫁に行け!
とか言われてても、やっぱ反動で、
そうじゃない方向にいっちゃう奴が出てきて、
「失敗だった」と後悔する奴がいる。
閉塞感。

これらはどっちも同じ事、
結局どっちも失敗だ。残念でした。

ということなので、
もしいわゆる「閉塞感」を感じている人がいたら、
まず、失敗した事を認めるのが手っ取り早い。
あー、失敗しちゃったなぁ。と、人に言うのがいい。
なんか、出来なかったわ。と、降参するのがいいとおもう。


今日、妻が朝顔の種を買って来きて、鉢に植えていた。
夏だ。たくさん咲くといい。

朝顔というチョイスがいいぞ、とおもった。
なんだか、素直な感じがする。
すこやかな感じだ。

ラジオ体操とかもいい。

もうすぐ七月だ。夏が来るのが楽しみだ。
今年も高井戸倶楽部の屋上で、ビールが飲みたいんだ。

閉塞感のある社会で生きたいように生きる
シューレ大学
東京シューレ出版
売り上げランキング: 142842

コメントをどうぞ。 現在5件

あなたが最初のコメントを書くのです。

あおき犬

わかるよ、それ。大乗仏教と小乗仏教の違いだね。意地悪ってんじゃないか。そうだよね。きっと妬ましいんだよ。まいにち飲み込んだ言葉が書いてあって。

2010/06/28 (Mon) 03:01

イーゴン

甘やかしは、依存とヒステリーしか生まないんだぜ!

朝顔は、つるをぐにゃぐにゃさせて、あっちこっち行っても、ちゃんと咲く。

2010/06/28 (Mon) 00:40

あおき犬

どうだろう。そんな気がした。
まいにちそんな子たちの不器用なはなしをきかされているものだから。

2010/06/28 (Mon) 00:03

イーゴン

そうですか?

2010/06/27 (Sun) 02:00

あおき犬

ありゃ?今日はなんだか意地わるだね。

2010/06/27 (Sun) 01:13