イーゴン自治区

このサマー、魔界村には行くなよボーイ。

2012/07/31

私が近眼になったのは、中学2年生の夏休みからだ。中2の夏に一気に目が悪くなった。
その直接的な原因は既にわかっている。これだ。 



 ゲームボーイ「レッドアリーマー 魔界村外伝」だ。
中学2年の夏休み、茨城のいとこの家に3週間ほど遊びに行ってて、その期間に暇で暇で、持参したゲームボーイでこの「レッドアリーマー 魔界村外伝」をやり込みすぎたのだ。
上の動画を見ていただけると雰囲気がわかると思うが、あの、大阪のビリケンさんみたいなやつが「レッドアリーマー」という魔物である。そいつが主人公である。私はあの夏、この魔物と共に魔界を彷徨っていた。

夏は、海水浴であり、スイカであり、花火であり、カブトムシである。
時代が変わろうとも、そうあるべきである。

ブラックサンダーアイスを噛みながら、自転車で友達ん家に行ったら、普段家にいないその友達の姉ちゃんが玄関に出て来て、ぶっきらぼうに「部屋にいるよー、上がってー。」とか言われて、ドギマギしながら「お邪魔します。。」と、階段を駆け上がって、友達の勉強部屋に入って「お前ん家のねえちゃんさ!榮倉奈々にちょっと似てんな!」とか言うのだ。

少年たちよ、今年の夏は、こういう風に過ごして欲しい。

間違っても、魔界村には行くな。

コメントをどうぞ。 現在0件

あなたが最初のコメントを書くのです。